• このエントリーをはてなブックマークに追加

精液の味と匂いを知った上でザーメンごっくんしてもらおう!

ザーメンってどんな味?

舌射ごっくん

匂いは『栗の花』に例えられているのをよく見聞きしますが、味の表現については実にバラエティに富んでいます。

実際のところ、匂いにはさほど個人差はないが、については生活習慣や環境、体質、年齢などによって個人差が出るということなのでしょう。

今回は『精液の味と匂い』について調査してみました。

精子と精液

ザーメンごっくんひとみちゃん精液が純度の高いたんぱく質のカタマリのように扱われているのをよく見かけますが、実際には1回の平均的な射精量「3g~5g」に含まれるタンパク質は、「0.8g~1g」程度と多くありません

タンパク質の含有量が「6g~7g」と言われるニワトリの卵と比較しても、多くないことが分かります。

この誤解は、タンパク質を含む『精子』と、液体成分である『精液』を混同した表記や表現が巷にあふれていることで、引き起こされるのでしょう。

精液は、主に前立腺と精嚢(袋)から分泌される液体で構成されており、それ自体はタンパク質を含んでいません。そこに、タンパク質を含む精子が泳いでいるわけですが、量は推して知るべしですよね。

ちなみに…

この精液は、射精直後は(膣から流れ落ちてしまわぬように)ドロっとした液体ですが、時間の経過とともに精子が活発に活動できるよう「タンパク質分解酵素」の働きによりサラサラの液体へと変化する性質を持ちます。

したがって、すぐに飲み込もうとすればノドにひっかかるため、ある程度口の中で転がしたり、一度、手に吐き出したりしたほうが飲みやすい液体になるのです。

精液の匂い

早乙女ルイちゃんのごっくん精液を構成する成分の中で、匂いに強い影響を与えているとされるひとつ目の物質は『カダベリン』。

これは『死体のような』を意味する “cadaverous” に由来する、腐敗臭の元となる化合物です。

もうひとつの物質はまさに精液から発見され、精液 “sperm” から命名された『スペルミン』。

実はこのスペルミン、栗の花にも芳香成分として含まれています

つまり、精液と栗の花は、主な芳香成分が同じであるのだから「似たような」ではなく、まさに「同じ」匂いと言い切ってしまって差し支えないでしょう。

精液の味

インテリ女教師のごっくん結論から言ってしまえば、やはり健康な精液は『苦い』のです。

精液は主にタンパク質構成のアミノ酸と、クエン酸を多く含む前立腺液、精子のエネルギー源となる果糖を多く含む精嚢分泌液で構成されています。

この果糖を多く含む分泌液は、精液全体のおよそ7割を占めるといいますから、人によっては、果物のように甘いというのも納得です。

筆者は、運動する習慣があり、日常的に顆粒のアミノ酸クエン酸を摂取しているのですが、これが実に苦い…。

同じ苦味アミノ酸である『清酒』しかり、この手の物質はややもすると苦いのです。

このような『お茶・清酒・タバコ・ゴーヤ・グレープフルーツ・チーズ』に例えられるような苦味に、前述の腐敗臭や漂白剤のような風味が加わったものが『精子の味』です…

美味いわけがない。

ところで、我々がクエン酸を摂取する際、ストレスや肉体疲労で体が酸性に傾いていれば『酸味』を、健康な弱アルカリ状態のときは『甘み』を感じるという話はよく聞きます。

結局のところ、様々な物質から成る精液の味も、飲み手の健康状態が少なからず影響し、同じ男性の精液であっても飲む女性によって感じ方が違うということでしょう。

味の表現も千差万別となるわけですね。

精液の効能

良い影響

つぼみちゃんのごっくん飲精作品のファンとしては『お肌つるつる説』あたりを都市伝説よろしく意図的に流布したいところではありますが、残念ながらそのような事実はありません。

しかし、こと『抗うつ』という点に関しては一考の価値があると思います。

セロトニンなどの精神を安定させる物質が精液に含まれているのも事実なのですが、そのような成分うんぬんの話ではなく、精液を飲むという行為そのもの…

健全な男女が望むべくしてお互いの体液を交換する限りにおいては、それぞれのホルモンバランスに好影響を与えるに違いないと思われるからです。

その意味では「飲みたい」あるいは「飲んであげたい」と思うことが重要であり、ゴックンが苦痛でしかない場合はかえってストレスになるため避けた方が賢明でしょう。

悪い影響

丘咲エミリの歓喜ぶっかけ基本的には無害ということですが、HIV や性病の感染には十分に注意する必要があります。

いわゆる『汁男優』と呼ばれる素人男優たちも、HIVはもちろん、梅毒、淋病、クラミジアなどの検査において、陰性であることを病院で証明して貰う必要があると聞きます。

よくある「素人ファン宅に女優が突然訪問」や「女優が街ゆく男性を逆ナンパ」などの企画作品も、それはあくまで演出であって事前検査は当然実施しているでしょうし、そうでなくてはなりません。

また、筆者は『自分の精液を飲むのはやめた方がいい』という記事を目にしたことがあります。

パートナーの女性はもちろん、別の男性が飲む分には問題ないのですが、自分自身が飲むと免疫機能に悪い影響があるというものでした。真偽の程は定かではありませんが、無視できない情報です。

個性的な表現

最後に、筆者がこれまでに見た動画の中で印象に残った味の表現トップ3の発表します。

第3位 マシュマロ

味の感想を求められ「マシュマロ?」と語尾上げで感想を言う神田るみちゃんが実に可愛らしかった…。甘かったんでしょうねw 過去に10発飲んで、酷くお腹を壊してしまったるみちゃんが、トラウマ克服に挑む問題作のひとコマでした。

ザーメン咀嚼×オール口内発射×大量ゴックン 神田るみ
ザーメン咀嚼×オール口内発射×大量ゴックン 神田るみ

第2位 プールの味

これを言ったのは藤原ひとみちゃんですが、精液の特徴的な『漂白剤』のような匂いが、ごっくんした後に鼻から抜けていった感じでしょうか。彼女のゆるいキャラクターと相まって実に可愛らしいシーンでした。

スペルマ妖精8美女の精飲藤原ひとみ
スペルマ妖精 8 美女の精飲 藤原ひとみ

第1位 ザリガニの味

これは黒木いちか(東条かれん)ちゃんの大量ごっくん作品のひとコマだったと記憶してます。精液の味を問われ「うーん…」とじっくり考えた末に「ザリガニ!」と元気よく言われては、さすがに吹きだすしかありませんw 

100発の精子飲む 黒木いちか
100発の精子飲む 黒木いちか

あとがき

精液不味いよ!とにかく精液の味は「まずい」という、最初から分かっていた事実をさらに明確にする結果となりましたが、一方で、だからこそ、ごっくんをプレイとして楽しめるカップルは素晴らしいですね。

まあその…

筆者はもっぱら動画で楽しみたいと思います…

最近ちょっと驚いたんですが、無修正アダルトサイトというと、こんなブログを運営している筆者でさえ、少なからずその利用には不安を感じていましたが、今の時代、Hulu とか Netflix のような安価高品質なサービスがアダルトにもあるんです。

以下の記事に入会体験をまとめさせて頂きましたので、ご興味のある方はご覧になってみて下さい。目からウロコだと思いますよ。

Hey動画 月額見放題プランの評判が良いので入会してみたんだけど…